あなたの腱鞘炎・ばね指改善させていただきます

腱鞘炎・ばね指に関するよくあるご質問(FAQ)

  • HOME »
  • 腱鞘炎・ばね指に関するよくあるご質問(FAQ)

腱鞘炎に鍼灸治療は効果的?

Q:腱鞘炎は鍼灸で治るのでしょうか?近所で、鍼治療院が有るので行こうと思います。鍼だけだと効果の方はどうですか?

A:鍼灸はおススメですが、必ず全身への施術をしてくれるところへ行ってください。部分的な施術だけでは、本当の効果は望めません。鍼灸院によって技術の差があります。 そのあたりは、縁とか出会いによりますので難しいところですが・・・。直感を頼りにしてください。

腱鞘炎は癖になる?

Q:右手で親指から手首なので思う様に行かず生活も変わりました。職業がら、重い物持ったりととにかく同じ作業が有り、癖になるから治らないって… 病院でもそう言われました。しょっちゅう痛むのでたまりません。

A:「癖になるから治らない」ことはありません。ただ、日常の動作など、改善していく必要はあります。重 い物を持つような動作でも、負担をかけないようにすればよいのです。一つのヒントとしては、重い物を持つとき、出来るだけカラダが楽なようにすることで す。トレーニングではないので、できるだけ楽に作業をしてください。

テーピングなど固定は必要?

Q:包帯で固定しないほうがいいのですか?

A:作業するときは、テーピングやサポーター、包帯などで固定したほうがいいです。ただし、普段ははずしておきましょう。なるべく圧迫せずに血流を良くすることが大事です。

どのくらいで治る?

Q:どのくらいでよくなりますか?

A:施術をしつつ、カラダの使い方を変えていけば、早ければ、初回の施術で、そうでなくても一週間もあれば効果が実感できるはずです。ただし、完治となると個人差はあります。数ヶ月を要することが多いです。

どんな治療法がいいのでしょうか?

Q:15年くらい前に左手に痛みがありその時は使いすぎだと言われ湿布薬で治まりました。2~3年すると両手に痛みが出てきて腱鞘炎だと言われてその都度整形外科に行き注射や電磁波等で痛みを抑えています。今回も痛みが出てきて何かよい方法がないかと思っています。

A:腱鞘炎の治療には、必ず全身の調整が必要です。患部だけの問題ではありません。どんな病気もそうですが、慢性的なものは、現代医学では難しい場合もあるということをご理解ください。

湿布は冷湿布、温湿布?

Q:湿布は冷湿布、温湿布どちらが良いんでしょうか?

A:消炎鎮痛剤という意味の湿布は好みでいいと思います。冷感か温感かという違いだけなので、どちらも冷やす、温める効果は期待できません。ただ、 治療と言う意味では、慢性的なものには、湿布はあまり必要ありません。(かえって治りを遅らせる原因になります。)お風呂に入っているときは痛みはどうで しょうか?炎症が強くなければ、基本は温めて血行をよくすることが大切です。

湿布、注射以外に何か方法は?

Q:右手首に痛みが出ると湿布はって仕事してます。それでもダメな時は病院に行って注射を打ってもらってます。他になにか方法はありますか?

A:注射は根本的な解決にはなりません。なぜ手首に痛みが出るのか、仕事中の動作の見直しをおススメします。

これって腱鞘炎?

Q:仕事柄重い荷物を扱っています。以前より腕にハリが有り手首を曲げる度に関節にコツコツとした感覚が有りました。周りからは腱鞘炎では?と言われました。仕事中に手首に痛みが走り親指を立てた状態だと手首が動かせない状態になりました。これって腱鞘炎なんでしょうか?

A:自己判断は危険です。まず整形外科で診察してもらうことをおススメします。

手術したほうがいいのでしょうか?

Q:病院で一度手術すすめられたんですが、やったほうがいいですか?

A:症状の度合いにもよりますが、ほとんどの場合、手術ナシで改善します。手術も注射と同じく根本的な解決にはなりません。成功率は100%ではあ りませんから、よくお考えください。手術はいつでもできます。それよりもなんで症状が出るのかを考えてみた方が、今後のためになると思います。

しびれがありますが・・・

Q:細かい作業、力仕事とかを主にやってます。最近両腕が痛みだしてしばらく動かせない状態になります。今は、痛みは、なく左手だけがしびれと力が入らない状況です。何科の病院に行ったらいいですか?整骨院とかの方がいいんですか?

A:しびれがある場合、きちんとした検査が必要です。まずは整形外科で検査を受けてください。

しびれがありますが・・・②

Q:右手で掴む事が多く 、右手薬指と小指が痺れてます。行き着けの鍼灸院で腱鞘炎と言われました。先生は 整形に行った方がと言ってましたが 、しばらく鍼灸治療するつもりです。使わない訳にはいかないので 冷やしながら バンテリンを塗ろうかと思ってますが具体的に何が良いですか?

A:痺れがあるとすると、腱鞘炎とは別かもしれません。一度整形外科で診てもらってください。ただ、改善のための対策としては鍼灸院でいいと思いま す。鍼灸で症状は改善してきていますか?していないようでしたら、他の鍼灸院に変えてみるのも一つの方法です。指を使って、痛みがあるようなときは、使っ た直後は氷水などで冷やすのが有効ですが、基本的には温めるのが大切です。バンテリンなど、消炎鎮痛薬は、必要ありません。

手術後再発したのですが・・・

Q:手術をしたのですが、再発してしまいました。こういう場合でも鍼灸治療は効きますか?

A:手術後の再発でも、鍼灸は効果があります。人間の治癒力を信じて、改善に取り組みましょう。

効果のある飲み薬は?

Q:病院では痛み止めをもらったのですが、他に効果のある薬はありませんか?

A:本当に治すという意味では、飲み薬は必要ありません。じっとしていても痛くて仕方がない時は、痛み止めもいいかもしれませんが、根本的な治療ではないことを頭に入れておいてください。

マッサージはやったほうがいい?

Q:家で出来ることはやっておきたいのですが、マッサージはやって大丈夫ですか?

A:マッサージはやっても大丈夫です。ただし、腱鞘炎の場合、痛む患部は触らず、腕の筋肉のコリをとるようなマッサージをしてください。患部は「せんねん灸」などをするのもおススメです。せんねん灸はドラッグストアなどで購入できます。

ストレッチは?

Q:腱鞘炎にいいストレッチなどありますか?

A:腱鞘炎に直接関係のある腕のストレッチはもちろん、全身のストレッチでリラックスすることは効果ありますよ。

妊娠中ですが・・・

Q:妊娠中なのですが、薬が使えず困っています。鍼灸治療はやってだいじょうぶでしょうか?

A:妊娠中ですと、飲み薬はもちろん湿布薬も使用できませんね。鍼灸治療は妊婦の方でも安心して受けられます。

授乳中の治療は?

Q:産後、腱鞘炎の痛みがひどくなりました。今授乳中なのですが、どういう治療をしたらよいでしょうか?

A:産前産後の時期の腱鞘炎の患者さんは結構いらっしゃいます。鍼灸治療は妊娠中な方同様、授乳中の方も安心して受けられます。

冷やしたほうがいい?

Q:冷やしていいのか、温めたらいいのかよくわからないのですが、どうしたらいいのでしょうか?

A:極端な話、治すには温めたほうがいいです。ただ、初期で痛みがひどい時は、温めると痛みが増すことがあります。その時は、一時的に氷水で冷やしてください。

安静にしたほうがいい?

Q:病院で診察を受けましたが、安静にしているように言われましたが、仕事上そうもいきません。それでも安静にしてないといけませんか?

A:安静にすることは大事ですが、それと同時に適度に動かすことも大事です。現実的に考えると、痛くないように動かす工夫をするのが一番です。結果的には再発防止にもつながります。

効果のあるサプリメントは?

Q:腱鞘炎に効くサプリメントはありませんか?

A:今のところおススメできるサプリはありません。

電気治療は?

Q:接骨院で電気治療を受けていますが、あまり効果のあるような感じがしませんが、実際どうでしょうか?

A:整形外科や接骨院などで行われる理学療法には、低周波、超音波、レーザー、マイクロ波などが主なものです。どれも患部のみの治療となるのが普通ですから、あまり効果は期待できません。

整体はどうですか?

Q:知人が整体に行けと勧めますが、どうでしょうか?

A:腱鞘炎に整体もいいですよ。ただし整体は国家資格ではないため、民間のライセンスになります。技術に大きく差がありますから、評判を聞いてから行かれたほうがいいと思います。

ウェイトトレーニングはやっていい?

Q:ウェイトトレーニングが趣味なのですが、やっても大丈夫でしょうか?

A:ウェイトトレーニングは、やっても構いませんが、痛みを感じたら控えてください。やはり、痛くないカラダの使い方を心がけてください。

サポーターは?

Q:サポーターは常にやっていたほうがいいですか?

A:テーピングと同様、動かすとき限定で短時間でお使いください。ただし、あまり締め付けのないウールの保温サポーターでしたら、長時間でも大丈夫です。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3764-6901 受付時間 9:00~18:00(木土午後・日祝除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 菊地鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.