あなたの腱鞘炎・ばね指改善させていただきます

腱鞘炎・ばね指の症状

  • HOME »
  • 腱鞘炎・ばね指の症状

腱鞘炎・ばね指とは

腱鞘炎とは、腱を包んでいる鞘である腱鞘に炎症が起こる病気です。
腱鞘炎の中でもよく見られるのが、ドケルバン病とばね指(バネ指)です。

ドケルバン病 de Quervain disease

1895年にスイスの外科医 Fritz de Quervainによって報告された病気です。
長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の狭窄性腱鞘炎。
症状としては、手首の親指側、撓骨茎状突起での腫れと痛みが特徴です。
妊娠出産後、育児中の方や中年以降の女性で手を良く使う人に多く見られます。
ドケルバン病の方は、フィンケルスタイン(Finkelstein)テストで痛みが出ます。

フィンケルスタインテスト

フィンケルスタイン(Finkelstein)テスト(上図参照)・・・母指を他の4指で握りこみ、手首を尺屈(小指側に曲げる)させる。 痛みが出る場合は、ドケルバン病の可能性大です。

 

ばね指(弾発指)trigger finger

指屈筋腱の中手指節(MP)関節レベル(指の付け根の手のひら側)の靱帯性腱鞘における狭窄性腱鞘炎が原因です。

指を伸ばそうとした時、伸びにくかったり、引っかかりがあります。重症ではロッキング様となり、動かなくなります。中年の女性に多く見られます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3764-6901 受付時間 9:00~18:00(木土午後・日祝除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 菊地鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.