仕事上での手の使い過ぎによって、腱鞘炎・ばね指になった方も多いと思います。

整形外科では、仕事を辞めない限り治らないと言われ、困っている場合もあると思います。

でも本当に職業病なのでしょうか?

これは、職業病というより、個人のカラダの使い方に問題があるのです。

指に必要以上に力が入ってしまう癖があるため、痛めてしまっているのです。

仕事を続けながらでも、使い方を工夫すれば、充分完治は可能です。

大事にし過ぎて、指を固定するよりも、適度に動かした方が治りは早いです。

無料レポート「ワンランク上の腱鞘炎・ばね指治療法」
http://www.kikuchi89.com/kensyoen/booklet.html